出産は骨盤に影響大

出産後は骨盤が歪んでいるので、骨盤矯正をやろうと思いました。

 

骨盤矯正の話は、出産前の母親教室などでも話題になっていて、骨盤体操の仕方や骨盤矯正ベルトのようなものも紹介されました。

 

出産後、出産で骨盤が歪んでしまったために体型が変化したり、体重が増加することもあるそうです。

 

ほとんどの妊婦さんは産後、何かしらの方法で骨盤矯正をしていると思います。

 

ここで骨盤を正常な位置に戻しておかないと不妊の原因にもなるという話もあります。

 

私は、出産前から足を組む癖があったので、出産で骨盤が開く前段階で、骨盤はかなり歪んでいると思っていました。

 

ですので、出産後、開ききった骨盤を締める際に、骨盤をもとの位置に戻せないかと考え、実行することにしました。

体の回復に合わせてグッズを使い分け

出産してすぐには産褥ベルトを使っていました。

 

出産後の骨盤矯正は半年までが勝負と言われています。

 

産後すぐはあまり激しい動きはできないので、産褥ベルトを巻いて、産後すぐ用の骨盤矯正ストレッチをしていました。

 

出産後2カ月になったころに、もっと締め付けの強い骨盤矯正ベルトを使いました。

 

これと併用して骨盤矯正運動で骨盤をもとの位置に戻すようにしていきました。

 

さらに、もう少し時間が経ったら骨盤矯正ガードルに変え、また運動も継続してやっていました。

 

産後のお腹の具合もあるので、骨盤矯正はニッパーのものから、骨盤矯正ベルト、そしてガードルへと、その時期に合わせて使っていくのがいいと思いました。

 

また、病院から教えてもらう骨盤矯正運動も産後何ヶ月用となっているので、そのとおりに行うと効果があると思います。

産後半年以内にしっかり対策

出産後の半年が勝負ということで、半年間、骨盤矯正ベルトと運動をやりました。

 

その結果、足を組みづらくなりました。

 

骨盤矯正運動をするようになってから、足は組んでいなかったのですが、半年ぶりにどうかなと思ってやってみたところ、組みづらいのです。

 

前は、いつもの姿勢が組んでいる状態だったので、組みにくいということは歪みが少しなくなったのかなと思っています。

 

また、骨盤がもとの位置に戻ると骨盤周辺の血行がよくなって代謝がよくなるそうです。

 

そのためかどうかはわかりませんが、出産前の太った分の体重はすとんと落ちました。

 

疲れやすくもなく、快適に生活できています。

 

骨盤を歪んだままにしておくと、更年期にもよくないという話を聞くので、出産後のこの時期にしっかり骨盤をもとの位置に戻すことが大切だと思います。