運動不足解消のつもりで開始

骨盤矯正にピンポイントで興味があったわけではありませんでした。

 

昔、ヨガを習っていて、レッスンが終わった後背筋がスッと伸びる感覚が気持よくて好きでした。

 

多忙のため教室に通えなくなり、永らくヨガをしていなかったのですが、友達から誘われて短期の教室に通ってみてやはりヨガが好きだとあらためて思いました。

 

短期のヨガ教室の次回開催(年に数ターム)が予定とあわずに数回抜けた後、探しましたがみつからず、たままた同じ曜日の違う時間帯で骨盤矯正の、これも短期の教室なら開催されていました。

 

激しいスポーツは苦手だけど、運動不足や身体の歪みは感じていたので、しばらく迷いましたが、予定は空いており時間帯も丁度よいので申し込んでみました。

ストレッチポールを使った運動

使用するグッズは「ストレッチポール」と呼ばれる、長さ25センチくらい、高さ6〜7センチくらい(手元にないので目安です)のソフトな円柱です。

 

全く予備知識がないまま言ったのでもっと長い堅いポールに沿わせて開脚などをするのかなぁと思っていました。

 

何通りか使用法がありますが、毎回行う基本は、椅子に座ってポールを股の間、膣にあたる部分に敷く、そして膣を引き上げるように呼吸をするというものです。

 

初回は正直感覚がわからず、お尻の穴にチカラを入れてしまい、かえって腰が痛くなりましたが、2回目で先生に丁寧に教えてもらいました。

 

長いこと背筋をしゃんと伸ばすには、お尻の穴をすぼめなさいと母や、合唱部の先輩に(発声練習)教えてもらっていましたが、女性は膣を引き上げたほうがよいそうです。

 

今は10回以上レッスンを受けたので素でも感覚がわかりますが、最初の慣れない時期にはストレッチポールがあると頭で色々考えなくても自然に引き上げられるので有効だと思います。

骨盤底筋が大事

初回は正直あまり効果はわかりませんでした。

 

少ししゃんとした気がしますが、今まで使っていなかった筋肉(インナーマッスル)を使ったせいか肩や腰が痛くなりました。

 

二回目のレッスンで、先ほど書いた「膣を引き上げる感覚」を先生から丁寧に教えてもらってから、はっきりと効果がわかるようになりました。

 

レッスンが終わったあとは、とても歩きやすいのです。

 

腕が肩からすっと出て、背筋はしゃんとして、背が高くなった感じ、足の運びも楽になり、腰からスムーズに重心が移せます。

 

特に激しい運動や難しい柔軟体操をしたわけではないのに「骨盤底筋」という筋肉を身体のなかで数センチだか、数ミリだか、意識して動かしただけで全身が整うようになりました。

 

教室は20人弱の生徒さんがこられていますが、皆さん「楽になったわ〜♪」とおっしゃって変えられます。

 

ヨガのように道具を使わないで整える体操のほうが自分向きのように感じていましたがストレッチポールが思いの外効果がありました。

 

先生も熱心に指導してくださるので、来月からのタームも受講の予定です。